LOVE & GREENとは

LOVE & GREEN

Read Article

医薬品の個人輸入について

個人輸入というと以前は、難しそう、やり方がわからない、といったイメージがあり、敬遠していた人が大多数だったと思います。しかし、近年ではインターネットの普及で、個人輸入が簡単にできるようになりました。
医薬品の個人輸入も同様で、国内で通院して処方箋を受け取りお薬を購入するより、安い金額で通販感覚で病院で処方されるお薬が購入できるようになりました。
しかも、これまで服用していたお薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えると、金額は更に安く購入することができます。
ジェネリック医薬品も、最近よく聞かれるようになった言葉の1つです。ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品の物質特許の切れた医薬品のことであり、開発費が大幅に抑えられているため、先発医薬品と比較して安く購入することができます。
もちろんジェネリック医薬品は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認されている安全なお薬です。欧米では日本よりジェネリック医薬品は普及していて、一般的なものとなっています。

ご購入される医薬品の数量や商品によっては薬監証明が必要な場合がございます。詳しくは厚生労働省のホームページからご確認ください。
医薬品等の個人輸入について

医薬品等輸入報告書(薬監証明)の発給を要せず個人輸入可能な医薬品等の数量の範囲内のご購入については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。
薬監証明を提出するよう指示がないようでしたら、特に問題はありません。

Return Top