LOVE & GREENとは

LOVE & GREEN

Read Article

アンピシリン ampisyn 250mg 100capsules in 1 box

アンピシリン250mg
アンピシリン250mgアンピシリンは、広域ペニシリンとも呼ばれるβ-ラクタム系抗生物質です。
幅広い種類の細菌に有効で、ペニシリンでは退治できなかったグラム陰性桿菌にも効果を発揮します。
有効成分であるアンピシリンは、ペニシリンをベースとした半合成ペニシリンで表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ節炎、慢性膿皮炎、外傷・熱傷および手術創などの二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿痬、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、梅毒、腹膜炎、肝膿痬、感染性腸炎、子宮内感染、眼瞼膿痬、麦粒腫、角膜炎中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創、口腔手術創の二次感染、しょうこう熱、炭疽、放線菌症などの治療に広く用いられています。
アンピシリンは、分子構造にβ-ラクタム環と呼ばれる四角形の環構造を持っていることで、細菌の細胞壁の成分であるペプチドグリカンの合成を阻害する作用があります。
服用方法は、通常、成人は1回250~500mgを1日4~6回経口服用してください。
年齢、症状に応じて適宜増減します。
主な副作用として、発熱、発疹、じんましん、好酸球増多、顆粒球減少、血小板減少、貧血、AST(GOT)上昇、下痢、食欲不振、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状、ビタミンB群欠乏症状、梅毒患者におけるヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応などがあります。
これらの症状や、他に気になる症状が発現、継続する場合には速やかに医師に相談して下さい。http://sigmasolns.com/ampisyn_250_100/
btn10001_077

Return Top